こまめな大豆 できたてを釜から直送
 
当サイトでしか買えない!小豆な和菓子たち茶丈藤村の取扱商品全品一覧お店にお越しくださいませ。茶丈藤村実店舗  
トップページへ
 
カートの中を見る

こまめな小豆のススメ

こまめな小豆のススメ

●店長と和菓子職人のある日の会話

2005.07.11

 

「 だから、あずきの味って何 ?! 」

 と問いただす妻に、夫は静かにこう答えた。


「 38年間食べてきた俺には、ようわかる。」


夫(店主・和菓子職人)
     :38歳 京菓子の老舗、先斗町駿河屋に生まれ
      8年前に茶丈藤村に婿養子にはいる。(※2005年当時)

妻(茶丈藤村 店長)
     :10年前に茶丈藤村を開業。(※2005年の時点にて)
      以来10年間小豆を食べ続け、小豆の味のよしあし
      には敏感になってきた。自称:和菓子通。しかし  
      まだ夫の小豆への味覚の鋭さには追いつけない。


ここ茶丈藤村で御菓子を作るのは 38年間京菓子の老舗に育った
和菓子職人です。

小豆の炊き上がる湯気の香りを嗅ぎながら少年期を過ごし、
日々 良い材料と素朴で正統な製法で菓子が出来上がるのを
見て学び育ちました。

 小豆の味をよく熟知した京菓子出身の職人がつくる
 茶丈藤村の御菓子をとおして 皆様にも「小豆の味」
 というものを知っていただければと日々心をこめて
 おつくりいたします。

「釜あげ丹波大納言」から和菓子通への第一歩を
 踏み出してみられてはいかがでしょうか?



★店長と和菓子職人の夫は2008年2月14日に離婚いたしました★ 記事は2005年当時のものです。



>> 続き・・・小豆の味の違いって わかりますか?
 

京菓子 先斗町駿河屋

茶丈藤村の職人(店主)の実家
京のお菓子や 先斗町駿河屋(先斗町三条下る)

http://homepage3.nifty.com/surugaya/index.html

 

京菓子 先斗町駿河屋
・      
      京都市中京区先斗町下る
       電話075-221-5210
       FAX 075-222-1869

    インデックスに戻る
新着記事に戻る

 

 
  ▲このページのトップへ  
お問い合せ  ご購入方法  特定商取引法に基づく表記・プライバシーポリシー  サイトマップ  TOP
Copyright (C) 2005 sajo-towson
TEL:077-533-3900 FAX:077-537-1064  E-MAIL:info@sajo-towson.jp